Windows11 インストール デバイスドライバーが見つかりません

Windows 11とデバイスドライバーをインストール

前回でパソコンの組み立てが終わった。ここからはWindows 11とデバイスドライバーをインストールし、パソコンを使える状態にする手順だ。

13. Windows 11をインストールする

今新しくパソコンを組むなら、OSはWindows 11になるだろう。購入したパッケージのメディアを使ってインストールしてもよいが、もう1台パソコンがあるなら、手持ちのUSBメモリーを使ってインストール用メディアを作ってもよい。当然だが、インストール用メディアを作れると言ってもアクティベーションにはプロダクトキーが必要なので、購入しなくてもよいというわけではない。

インストール用メディアを作るメリットは、最新版のWindows 11をインストールできる点だ。Windows 11は継続的にアップデートが行われているため、例えば1年前に買ったメディアでインストールすると、アップデートにとても時間がかかる。最新の大型アップデートを適用した状態でインストールすれば、インストール後は最小限のアップデートで済む。

インストール用メディアの作成にはマイクロソフトが提供する「Media Creation Tool」というソフトを使う。ソフト自体のバージョンが古いと古いバージョンのWindows 11をダウンロードする場合があるため、作業する直前にマイクロソフトのWebサイトからダウンロードするとよい。

なお、インストール中の画面はアップデートの度に少しずつ変化する。今回紹介するのは2021年12月時点の手順だ。

14. デバイスドライバーをインストールする

Windows 11をインストールした直後は、Windows 11があらかじめ備えているデバイスドライバー(「インボックスドライバー」とも呼ぶ)しかないため、一部の機能が使えなかったり、性能が発揮できなかったりする。そこでデバイスドライバーをインストールする。従来はマザーボード付属のCDやDVDでインストールしていたが、今は光学ドライブがないパソコンが多いこともあり、メーカーのWebサイトなどから最新版をダウンロードするのが主流と言えるだろう。

デバイスドライバーはWindows Updateでも入手できる。そのためまずWindows Updateを実行してから足りないデバイスドライバーをメーカーのWebサイトから入手するという手順が楽だ。場合によっては、Windows Updateだけで一通りのデバイスドライバーがそろってしまうこともある。

デバイスマネージャーの「!」がなくなれば、一通りのセットアップ作業は完了だ。好きなソフトをインストールして使い始められる。本格的に使い始める前に、セキュリティソフトをインストールするのを忘れないようにしよう。

自作パソコンの楽しみは、組み上がってからも続く。規格さえ合えば好きなようにパーツの追加や交換ができるため、不満の出た部分を補強して長く使い続けたり、全く新しい機能を追加したりといったこともできる。自分の使う道具を自分で組み上げる楽しさを、ぜひ味わってもらいたい。

(文・写真=SPOOL)

※ 本記事は執筆時の情報に基づいており、販売が既に終了している製品や、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

関連記事のご紹介

関連記事の一覧を見る

【表題】Windows10のクリーンインストールができない「署名済みデバイスドライバーが見つかりませんでした」と表示され、ドライブが見えない。

【日付】2022/04/20

【詳細】

Windows11のPCの初期設定をしたところ、Microsoftアカウントを追加しましょう で電話番号/ライセンス認証を求められた。したくないので、Windows10をクリーンインストールしようとしたところ、ドライブが一切表示されず、インストールができない。ドライバーを入れようにも「署名済みデバイスドライバーが見つかりませんでした」とでる。

【前提】

intel cpuの11世代以上

【解決策】

インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー/

IntelRapid StorageTechnologyドライバーをメーカーサイトから、ダウンロードして、Windows10クリーンインストールのイメージが入っているUSBメモリ/外付けHDDに入れる。

ドライバーを参照するときは、上位フォルダを選ぶのではなく、下層のフォルダまで開くこと。上位フォルダを選んでもドライバーを自動では探してくれない。

【参考】

br.atsit.in

Windows11 インストール デバイスドライバーが見つかりません

最も期待されているイテレーションの11つであるWindowsXNUMXの通常バージョンがついにリリースされ、ユーザーはこのアップデートにワクワクしています。 しかし、多くの人は間違いのためにそうすることができません。」デバイスドライバが見つかりません」 Windows11をインストールするとき。

Windows Update、Windows Setup Assistant、または起動可能なUSBドライブを使用してWindows11にアップグレードする方法はたくさんあります。 ただし、エラーは最後のXNUMXつで発生しますが、WindowsUpdateによる更新プロセスはスムーズに実行されます。

したがって、Windows 11の更新プログラムを入手した場合は、それを使用してください。ドライバーが見つかりません。」

ただし、アップデートを受け取っていない場合でも、がっかりしないでください。 次のセクションでは、最も効果的なエラー修正について説明します。

Windows 11のインストール時に「ドライバが見つかりません」エラーを修正するにはどうすればよいですか?

1.USB2.0ポートを使用します

USB 3.0ポートは比較的新しく、他の利点の中でも特に高速なデータ転送速度を提供します。 しかし、これがエラーに直面している理由かもしれません」ドライバーが見つかりません」 Windows11をインストールするとき。

Windows11 インストール デバイスドライバーが見つかりません

したがって、実際にUSB 3.0ポートを使用していた場合は、USB 2.0に切り替えて、エラーが解決されるかどうかを確認してください。 この方法はほとんどのユーザーに有効であり、主なトラブルシューティングアプローチとなるはずです。

エラーが続く場合、またはコンピュータにUSB 2.0ポートがない場合は、次の方法を試してください。

2.目的のパーティションをアクティブとして設定します

  • 電源ボタンを押してコンピュータを強制的にシャットダウンしてから、再起動します。 Windowsロゴが表示されたら、電源ボタンをもう一度押し続けてオフにします。
  • Windowsが回復を開始するまで、このプロセスを数回繰り返します。 読み込み中 。 完了したら、完了するのを待ってから[ Дополнительныепараметры '。
  • 次のクリック トラブルシューティング .
  • 選択 Дополнительныепараметры ここに。
  • 今すぐ「 コマンドライン »ここにリストされているXNUMXつのオプションのうち。
  • ここで、次のコマンドを実行します。diskpart
  • 次のコマンドを実行して、さまざまなドライブを表示します。list disk
  • 次に、次のコマンドを貼り付けて、 入力しますドライブを選択します。 必ず交換してください X このコマンドで選択したディスク番号、および次の手順に移動します。select disk X
  • 次に、次のコマンドを実行してパーティションを一覧表示します。list partition
  • 次のコマンドを貼り付けて、 入力します目的のWindowsストレージパーティションを選択します。select partition X
  • 最後に、このコマンドを実行して、選択したパーティションをアクティブとしてマークします。active

変更を加えたら、コマンドプロンプトを閉じて、Windows11をインストールしてみてください。おそらくエラー"ドライバーが見つかりません」 Windows11のインストール時に表示されないはずです。

3.BIOSでXHCIハンドオフを有効にします。

拡張可能 ホストコントローラーインターフェース またはXHCIは、USBポートがBIOSまたはOSのどちらによって制御されるかを決定するBIOSの設定です。 無効にすると、BIOSがUSBデバイスの管理を担当し、有効にすると、このジョブはOSに分類されます。

Windows11 インストール デバイスドライバーが見つかりません
BIOSでXHCIハンドオーバーを有効にする

この設定を有効にすると、「ドライバーが見つかりません」 Windows 11をインストールする場合、プロセスはシステムごとに異なるため、正確な手順については、システムの製造元のWebサイトのFAQセクションを確認するか、PCのマニュアルを参照してください。

4.新しい起動可能なUSBまたはドライブを作成します

ここでの方法のいずれも機能しない場合は、作成したディスクまたは起動可能なUSBに問題がある可能性があります。 ここでの最良のオプションは、別のWindows 11起動可能USBドライブを作成することです。今回は、プロセスに注意してください。

その後、「ドライバーが見つかりません。」

以下のコメントセクションで、どの修正が機能し、Windows11の第一印象を教えてください。

デバイスドライバの再インストール方法は?

デバイス ドライバー再インストール タスク バーの検索ボックスに「デバイス マネージャー」と入力し、デバイス マネージャーを選択します 。 デバイスの名前を右クリック (または長押し) し、[アンインストール] を選択 します。 PC を起動します。 Windows によりドライバー再インストールが試行されます。

デバイスドライバーの更新方法は?

」(設定)にマウスカーソルを合わせます。.
表示されたメニューから「設定」をクリックします。.
「設定」が表示されます。 ... .
「システム」が表示されます。 ... .
「デバイスマネージャー」が表示されます。 ... .
表示されたデバイスドライバーを右クリックして、一覧から「ドライバーの更新」をクリックします。.

デバイスドライバの確認方法は?

「スタート」または、スタートメニューの検索から「デバイスマネージャー」を開きます。.
確認対象の各コンポーネントのドライバーを展開して、右クリックします。 「プロパティ」を選択します。.
「ドライバー」タブへ移動して、「ドライバーのバージョン」を確認します。.

インストールしたドライバー どこ?

Windows 10ドライバーの場所はC:\Windows\System32\DriversまたはC:\Windows\System32\DriverStoreです。